村上春樹風に語るシャンプー
*
ホーム > 育毛 > 育毛に対する豆知識:薄毛と朝シャンの関係とは?

育毛に対する豆知識:薄毛と朝シャンの関係とは?

朝シャンをすると育毛に悪いといわれております。

育毛に悪いとされる理由として、まず、時間がなくあわてて擦り過ぎたり、すすぎ残しがあったり、地肌を痛めてしまう原因となってしまいます。

また、シャンプーした直後には、地肌から脂分が分泌されて庇護膜を作りますが、朝シャンをした後は、庇護膜ができる前に仕事などで外出することになってしまうため、有害な紫外線を浴びることになり、髪や頭皮が痛む原因となってしまいます。

育毛のために一番副交感神経が最も活発化して、育毛ホルモンが驚くほど大量に分泌される時間帯は22時から2時の間ですが、夜間という時間帯に髪を洗わないで朝まで洗わないでいることで、大切な時間帯に皮脂が毛穴をふさぐことで、髪の毛が育つのに支障が出てしまいます。

 

さらに、夜シャンプーしないことで、夜にリラックスできなくなり、睡眠に支障をきたす原因となり、成長ホルモンの分泌に支障をきたしてしまい、髪の毛の健康にも影響を与えてしまいます。

 

単純にお風呂に入った方がリラックスできてい良いですしね!

 

朝起きたばかりの時間帯は、頭皮の毛穴が開いているため、シャンプーをすることで、毛穴に過度の刺激を与えてしまうことで、薄毛を促進させる結果につながってしまいます。

育毛に影響を与えない朝シャンをするためには、早めに起きて時間を摂ることで、しっかりと洗うことができます。入念に行うことで、すすぐために十分な時間を摂ることができます。朝だけではなく夜もしっかりとシャンプーをすることで、その日の汚れや疲れを落とし、新陳代謝を促進し、育毛につなげることができます。

そうすればリアップなどの育毛剤はおろか、ミノキシジルのような劇薬のお世話になる必要もないでしょう。


関連記事

育毛に対する豆知識:薄毛と朝シャンの関係とは?
朝シャンをすると育毛に悪いといわれております。 育毛に悪いとされる理由として、ま...
センター試験の目的は
現在の大学入試センター試験(センター試験)の前身、共通一次の試行テストに言及した...